CAPP活動9回目
2015 / 05 / 21 ( Thu )
昨夜は夜中から雷鳴がとどろき、大粒の雨が降りました。
リヴィーは雷が怖くて怖くて、ハアハアと落ち着きなく部屋中をウロウロ。
夜中だったけれど、牛乳にレメディーを垂らして舐めさせました。
それから30分ほどたった頃、レメディー効果が現れて静かにしていられました。
これからは雷が心配な季節です。

うっすらと白くなっていた八ヶ岳。昨夜の雨は山では雪だったようです。



17日は諏訪中央病院にてCAPP活動(人と動物のふれあい活動)でした。
いつものように、リヴィーは患者さんの間をまわって、いっぱい撫でてもらいました。

そのミーティングで、リーダーである岡谷動物病院の先生から、
ボランティアメンバー全員に一冊の本がプレゼントされました。
DSCN8777_convert_20150521220305.jpg
下半身動かぬセラピー犬シャネル ~緩和ケア病棟の天使たち~
シャネルちゃん、リヴィーにちょっと似ています。

その本の中の一節。
 「命には医療が行う<治療>だけでなく、
 優しさや思いやりで行う<癒し>も必要なんだ」

リヴィーが少しでも、患者さんの癒しとなっていれば幸いです。
これからも出来るだけ長く、リヴィーを活動に参加させていきたいと思っています。

22 : 48 : 24 | CAPP活動 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
CAPP活動8回目
2014 / 11 / 18 ( Tue )
16日は、諏訪中央病院にてCAPP活動(人と動物のふれあい活動)でした。

活動前のリヴィー。
セラピードッグのバンダナをつけて、ニコニコ顔です。
多くの人に会えるのが楽しみみたい。
DSCN7534_convert_20141118214318.jpg
患者さんに近寄り「撫でて~」とアピール。 ※活動責任者より写真を拝借しました
IMG_2501[1]
これで今年の活動は終了です。
今年も患者さん方に笑顔をお届けできたようです。
次回は来年3月。その頃にはリヴィーも、もう11歳。
来年も元気に頑張ろう♪

今朝起きるとうっすらと雪が・・・初雪です。
DSCN7538_convert_20141118214152.jpg
ここ数日、グッと寒くなってきました。
明日の朝の最低気温はなんと-6℃の予報。もう冬ですね~
21 : 58 : 20 | CAPP活動 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
CAPP活動7回目
2014 / 07 / 23 ( Wed )
20日は、CAPP活動(人と動物のふれあい活動)でした。

リヴィーを見ていて、このCAPP活動の事を理解しているように思える事があります。
それは、患者さんへの近づき方。
普段は、撫でてくれる方には大喜びで駆け寄り、全身で喜びを表します。
しかし、CAPP活動では、患者さんの撫でやすい位置にそっと身を寄せ、
大喜びはせずに、静かに撫でられるのを待っているのです。

そして、今回の活動で印象的だったこと。
リヴィーに触れた高齢の患者さんが、ほわっと良い笑顔になり、
そのご家族が喜び、リヴィーに何度も「ありがとう、ありがとう」と言ってくださった事。
リヴィーがお役にたてた事を、本当に嬉しく思う瞬間です。


梅雨明けした後は、爽やかな暑さの原村です。
DSCN6623_convert_20140723221649.jpg
日差しは強くても、湿度は低く、木陰を選べば日中でもお散歩できます。

東京では夏の日中散歩なんて、絶対に無理でしたから^^;
22 : 22 : 31 | CAPP活動 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
CAPP6回目
2014 / 05 / 20 ( Tue )
先週末の18日は、CAPP活動(人と動物のふれあい活動)でした。
3月は私の都合が付かず欠席してしまったので、これが今年初めての参加となりました。

今回、リヴィーには重大な任務がありました。
それは患者さんとのお散歩です。
春と秋の活動時に、患者さんからの希望があれば、
諏訪中央病院内のハーブガーデンを一緒にお散歩する活動です。

リヴィーにとって患者さんとの散歩は初めての体験。
お散歩させてくれる方は、脳こうそくで歩行がゆっくりの男性の患者さん。
患者さんと対面すると、すぐに患者さんの足にぴったりと体をくっつけて、
「ナデナデして~」と甘えます。
患者さんは「お散歩はしたいけれど、わんちゃんに好かれなかったら…」と心配していたそうです。
その心配をサラリと解消してしまったリヴィー。
出足はまずまずです。

リヴィーにはリードを2本付けて、患者さんに一方を預けます。
私はリードを少し短めに持ち、リヴィーをコントロールします。
最近のリヴィーは、こちらが甘くなっているのを見越して、
行きたい方向へグイっと引っ張る事があります。
「リヴィーが急に引っ張って、患者さんが転んだりしたらどうしよう」
そんな私の心配も無用でした。
リヴィーは患者さんの歩調に合わせるように、ゆっくりと上手に歩きました。
患者さんもリヴィーと一緒だと、歩くのも楽しくなるようで、ハーブガーデンを1周半。
いつもより、ずっと長い距離を楽しく歩けたそうです。
お散歩が終わった時に、リヴィーにたくさん「ありがとうね」と言って下さいました。

そのあとは、通常のふれあいの時間。
今回も30人ほどの患者さんが、ワンちゃん、猫ちゃん達と
触れ合うのを楽しみに集まっていてくれました。

順番に撫でてもらって、お散歩してくれた患者さんのそばに来たら、
それまでより喜びを表したリヴィー。
お散歩は少しの時間でしたが、ちゃんと認識していました。

今回も、少しでも患者さんに笑顔をお届けすることができかなと思っています。
リヴィー、お疲れ様♪

今回は、お手てが可愛いリヴィー。

ブサカワ~(*^。^*)
DSCN6126_convert_20140520214317.jpg
次の活動は7月。
リヴィー、またよろしくね。
22 : 37 : 38 | CAPP活動 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
CAPP5回目
2013 / 11 / 18 ( Mon )
昨日は今年最後のCAPP活動(人と動物のふれあい活動)でした。
訪問場所の諏訪中央病院は車で20分ほど。
原村より標高が低いので、まだまだ紅葉が見ごろでした。
(諏訪中央病院の中庭にて)
DCIM0045_convert_20131118200039.jpg
リヴィーはいつも通り、皆さんにナデナデされてうっとり~
リヴィーと一緒に参加できるこのボランティアを始めて一年過ぎました。
少しでも患者さん方に笑顔を届けられるよう、今後も続けていきたいです。


今日は暖かなお散歩日和。
昨日のご褒美にのんびり長時間のお散歩へ出かけました。

八ヶ岳もだんだん白くなってきました。
里の初雪もそろそろかな?
DSCN4369_convert_20131118200131.jpg
農場ではシクラメンの販売が始まっています。
ハウスの中は甘い香りで満ちています。
DSCN4371_convert_20131118200212.jpg

こんなふうに季節を感じながら楽しく散歩出来るのも、この相棒がいるから♪
DSCN4372_convert_20131118200309.jpg
冬になってもたくさん歩こうね~

20 : 07 : 21 | CAPP活動 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム | 次のページ>>