FC2ブログ
小さな命のこと
2018 / 11 / 09 ( Fri )
11月5日の朝、捨て猫を保護しました。
新聞を敷いた小さな箱の中に小さな2匹の子猫。
子猫というよりまだ目も開ききらない生後1週間ほどの赤ちゃん猫です。

保温して動物病院へ連れて行き、チューブでミルクを与えてもらいました。
小さな命が助かりますようにと祈りましたが、7日の日中に1匹が、夜中にもう片方も息を引き取りました。
2匹一緒に向かい合わせて栗の木の下へ埋めました。
この次生まれてくるときは今回の分まで幸せになれるからね。

3枚とも生きている時の写真です。
IMG_1679(2)_convert_20181109193352.jpg
片手に乗るほどの小ささ。

IMG_3080_convert_20181109193309.jpg
ミーミーと鳴く声に、ニコも心配そうに覗いていました。


141gと157gの小さな命。両方とも男の子です。

白くきれいな子猫でした。
もう少し親猫のそばに置いて、少し大きくなってから里親探しすれば貰い手もあっただろうに。
生後間もない乳飲み子を親から離したら殺すも同然じゃないか!

さも育ててくださいというように箱に入れて置いてあったけれど、そんなことは偽善であって自分の手で処分したくないだけ。
誰かがどうにかしてくれるという無責任極まりない人間。
そんな飼い主は親猫の避妊手術などするはずもなく、生まれたら捨てることの繰り返し。
飼い主の意識を変えなければ、不幸な子は減らないのにな。

命を助けてあげることが出来なくてごめんね。
リヴィー、ちっちゃな子猫ちゃんをよろしくね。
20 : 36 : 59 | ネコちゃん | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
ムーちゃんに会いに
2018 / 01 / 04 ( Thu )

今朝の気温はマイナス11℃。
雪はないけれど、いつもよりも寒い冬です。

夜は友人宅のたこパー(たこ焼き)にお呼ばれ。
IMG_7732_convert_20180104222952.jpg
こんな可愛い子達がいるお宅です。

右側のグレーのネコちゃんは・・・そうです、ムーちゃんです!
IMG_7720_convert_20180104222917.jpg
こんなにキレイで立派なネコちゃんに成長しました♪
撫でたり抱いたりさせてもらい、久しぶりの触感に癒されました。
やっぱり動物がいるっていいですね(^^)/
22 : 52 : 35 | ネコちゃん | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
ムーちゃん
2015 / 01 / 18 ( Sun )

まん丸お顔の可愛いネコちゃん。
この子が、あの時保護したネコちゃんです。
ムーちゃんという可愛い名前♪
愛情を受け幸せに暮らしていると、こんなにも表情や毛並が変わるものなのですね。
でも、可愛い寄り目ちゃんはそのままだね(*^。^*)
20 : 53 : 14 | ネコちゃん | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
寒い朝
2014 / 11 / 19 ( Wed )
今朝の最低気温は-6℃!
霜が降りてキラキラ光っています。


午前10時の時点で1.6℃。
DSCN7553_convert_20141119210743.jpg
寒い日でもリヴィーはデッキが気持ちよさそう。
DSCN7547_convert_20141119210718.jpg
早々に部屋へ入ると、「なんで入っちゃうの?」と言いたげな表情。(家の中から撮影)
「寒いからです」
DSCN7554_convert_20141119210814.jpg

文化園の木々もすっかり落葉して明るくなりました。
DSCN7556_convert_20141119210949.jpg
八ヶ岳の雪は、もう根雪になるのだろうか。
DSCN7577_convert_20141119210853.jpg

寒くなってきて「あのネコちゃんはどうしているだろう」と心配されている方へご報告です。
11月初旬に再度保護して避妊手術も済ませ、家庭猫として暖かなお宅で暮らしています。

野良最後の日のネコちゃん
DCIM0134_convert_20141119223135.jpg

それから、約2週間後のネコちゃん
私がいたからちょっと緊張してたけれど、明らかに表情が変わってきています。
DSCN7522_convert_20141119211055.jpg
助言してくださった方々、
フードを提供してくださった方々、
避妊手術費用の足しにと、カンパしてくださった方々、
そして里親となってくださった方。
この小さな命のために、多くの方々が協力してくださいました。
心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。

もう、お腹を空かせて寒さに震える夜もありません。
良かったね、ネコちゃん♪
21 : 13 : 22 | ネコちゃん | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
ネコのこと
2014 / 09 / 30 ( Tue )
午前中、近くに住む友人から「ネコがいる」とのメールが入りました。
ケージとキャットフードを持って、急いで向かうと・・・いました、あのネコが!
もらったミルクを夢中でのんでいました。

まず持参したフードを食べさせようと近くによると、「シャ~シャ~」
私の顔を見て「また捕まっちゃう」と思ったのでしょうか?


それでも、距離を少しづつ縮めると、ネコもキャットフードの誘惑には勝てず、
フードを食べてくれました。
そして、ケージへの誘い込みを試みましたが、何回も失敗。
そのうち、ネコもある程度お腹が満たされたようで、警戒心が強くなってしましました。
その後も捕獲は失敗。今日はあきらめました。

1週間前には元気もなく「このままにしておいたら衰弱してしまう」と思い、
思わず保護してしまいましたが、
今日、お腹も見たされて、日向ぼっこしたり自由にしているネコをみて、
本当に家庭猫になるのが幸せなのか?と感じてしまいました。
捨てられたネコだと思っていましたが、あのシャーシャーぶりは
もともと野良ネコだったような気もします。

この寒い地域でも野良ネコは生きています。
エサをくれる家を周り、虫や鳥を捕獲して生きているようです。

私はこのネコに対して、どうするのが一番なのか・・・
本当にわからなくなってしまいました。
どうすべきなのでしょうか?
22 : 22 : 31 | ネコちゃん | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
| ホーム | 次のページ>>