FC2ブログ
この鳥は?
2014 / 11 / 13 ( Thu )
ガラスにゴツンと何かぶつかる音が・・・
デッキを見ると小さな鳥が倒れていました。
ガラスに気付かず激突して落下したのです。

慌てて近づいてみると、目は閉じていますが口ばしを微かに動かしています。
脳震盪でしょうか。そっと手のひらにとってみました。
柔らかくて暖かい小さな鳥。
体が冷えないように、しばらく手で優しく包み暖めました。
すると少しづつ意識を取戻し、目を薄く開けています。

日の当たる、暖かな場所に置いて様子を見ることに。
DSCN7478_convert_20141113210630.jpg
まだボ~っとしていて、足に力が入っていません。
しばらくこの状態で休んでいましたが、
1時間ほどして向かいの森へ飛んでいきました。
良かった。。。

ところで、この鳥の種類は何でしょうか?
ネットで検索しましたが、よくわかりません。
スズメくらいの大きさで、緑っぽい鳥で検索すると・・・
カワラヒワ、アオジ、ウグイス等が出てきますが、どれでもないような感じです。


そして、この毛むくじゃらの生物は・・・

リヴィーの寝姿です(^_^;)
21 : 10 : 22 | 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
ココットビレッジさんでのランチ♪
2014 / 11 / 10 ( Mon )
遊びに来てくれた友人達とランチしたのはココットビレッジさん。
嬉しいことにワンちゃんも店内OKです♪

デッキも広々、気持ちいい~


ランチは予約制でメニューはお任せです。
今日のメインはラザニアでした。
前菜、スープ、デザート、ドリンク付き。丁寧に作られた食事は本当に美味しい♪
DSCN7416_convert_20141108202916.jpg

1日1組限定で宿泊も出来ます。
こんな素敵なお部屋にワンちゃんも同伴可なんですよ~嬉しいですね。
DSCN7434_convert_20141108203003.jpg

ココットビレッジさんにもワンちゃんがいます。
ルナちゃん、1歳の女の子です。
DSCN7424_convert_20141108202935.jpg
看板犬修行中ですが、1歳でこの落ちつきはなかなかのものですよ。

ワンちゃん連れも、ゆったりと宿泊やお食事が出来る、とっても素敵なところです♪
18 : 25 : 19 | 原村 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
夢のような2日間
2014 / 11 / 08 ( Sat )
リヴィーの親友、英国GRのツェナちゃんと、今は亡きごん太君の飼い主さんが、
リヴィーに会いに来てくれました。

会うのは2年半ぶり。
喜びのあまり、リヴィーが飛びつかないようにと押さえていたのですが、
ツェナの飼い主さんを見た途端、全身で喜びを表し、
早く行かせて~とキュンキュンワオォォン。
そして一足遅れてきたごん太君の飼い主さんとのご対面も、嬉しくって嬉しくって。。。。

一緒にお散歩するのも2年半ぶり。
ツェナとリヴィーは、リヴィーがお散歩デビューした時からの付き合い。
2歳年上のツェナを、お姉ちゃんのように慕って、だ~い好きなのです。

気になる匂いも一緒に嗅いだり、
DSCN7458_convert_20141108203123.jpg
一緒に車に乗ったり、
DSCN7464_convert_20141108203144.jpg
皆のおしゃべりに一緒に参加したり。。。
DSCN7472_convert_20141108195936.jpg
12歳のツェナと10歳のリヴィーの関係は、子供の頃のまま(*^_^*)

農場ではごん太くんも一緒に記念撮影。
DSC_0971_convert_20141108202832.jpg
前回ここに来た時は、3頭だったね。。。

楽しくて嬉しくて、リヴィーにとって夢のような2日間。
またリヴィーに会いに来てくださいね~
リヴィーが熱烈歓迎いたします♪
20 : 35 : 48 | リヴィー | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
八ヶ岳初冠雪
2014 / 11 / 03 ( Mon )
本日、八ヶ岳初冠雪です!
DSCN7393_convert_20141103233440.jpg
横岳から阿弥陀岳がうっすらと白くなっています。
ここからの景色が好きです(農場への散歩道)

日差しは暖かく、過ごしやすい気温。
リヴィーも風に吹かれて、気持ちいい表情。
DSCN7397_convert_20141103233520.jpg

久し振りにまるやち湖に行ってみると・・・あれ?水が少ない。

何やら工事をしているようです。
お魚たちは大丈夫なのかな?
23 : 48 : 39 | 原村 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<前のページ | ホーム |