FC2ブログ
小さな命のこと
2018 / 11 / 09 ( Fri )
11月5日の朝、捨て猫を保護しました。
新聞を敷いた小さな箱の中に小さな2匹の子猫。
子猫というよりまだ目も開ききらない生後1週間ほどの赤ちゃん猫です。

保温して動物病院へ連れて行き、チューブでミルクを与えてもらいました。
小さな命が助かりますようにと祈りましたが、7日の日中に1匹が、夜中にもう片方も息を引き取りました。
2匹一緒に向かい合わせて栗の木の下へ埋めました。
この次生まれてくるときは今回の分まで幸せになれるからね。

3枚とも生きている時の写真です。
IMG_1679(2)_convert_20181109193352.jpg
片手に乗るほどの小ささ。

IMG_3080_convert_20181109193309.jpg
ミーミーと鳴く声に、ニコも心配そうに覗いていました。


141gと157gの小さな命。両方とも男の子です。

白くきれいな子猫でした。
もう少し親猫のそばに置いて、少し大きくなってから里親探しすれば貰い手もあっただろうに。
生後間もない乳飲み子を親から離したら殺すも同然じゃないか!

さも育ててくださいというように箱に入れて置いてあったけれど、そんなことは偽善であって自分の手で処分したくないだけ。
誰かがどうにかしてくれるという無責任極まりない人間。
そんな飼い主は親猫の避妊手術などするはずもなく、生まれたら捨てることの繰り返し。
飼い主の意識を変えなければ、不幸な子は減らないのにな。

命を助けてあげることが出来なくてごめんね。
リヴィー、ちっちゃな子猫ちゃんをよろしくね。
20 : 36 : 59 | ネコちゃん | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
| ホーム |