ごん太君
2013 / 07 / 26 ( Fri )
7月23日、リヴィーの大切なお友達のごん太君がお空へ旅立ちました。
ご家族に愛され、とってもとっても幸せな14年間でした。

0902D090_KG (450x303)

ごんちゃんが旅立った日の夜、こんな事がありました。
突然リヴィーが天井を見上げ「うぅ~」と唸ったのです。
今までも外に向かって唸り声をあげたことはありますが、家の中は初めてです。
この時、ごんちゃんが挨拶しに来てくれたのだと思います。
リヴィーったら唸っちゃって…ごめんね、ごんちゃん。

ごんちゃんと初めて会ったのは、リヴィーがまだワクチン完了前の抱っこ散歩の時。
まだチビチビだったリヴィーにそっと挨拶してくれた優しいお兄ちゃんでした。

リヴィーが大人になってからは、ごんちゃんに体をくっつけながら
並んで歩くのが好きでした。

そして日々の散歩はもちろん、仲良し多摩川トリオでよくお出かけもしました。
0803D005_KG (450x303)
私達に多くの幸せをもたらしてくれるこの笑顔。
0904D130_KG のコピー 2 (450x303)
犬との暮らしは日々楽しく、心癒され、人生を豊かにしてくれると思います。
しかし、必ず訪れる別れも受け入れなくてはなりません。
0711D001_KG (450x303)
いつの日かリヴィーがお空へ行った時、大好きなごんちゃんと会えることでしょう。
その日まで空からリヴィーを見守って下さいね。

ごん太君、今まで本当にありがとう。
ずっとずっと大好きです。
22 : 52 : 26 | リヴィー | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<星空の映画祭 | ホーム | すがれ追い>>
コメント
----

今日の今・・・・
この時間に知りました・・・。

言葉が見つかりません・・・

ついこの前まで、いつもの広場で見かけたのに・・・・・

悲しいです・・・

リヴィーママの、この場をお借りして
ごんちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。
by: ルフィロビ母 * 2013/07/27 00:50 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

ルフィロビ母さん、こんばんは。

ごんちゃんは多摩川でもみんなの人気者でしたね。
リヴィーが若い頃には、夕方の多摩川には大型犬がたくさん集まって、
ボール遊びやかけっこをして、賑やかなものでした。

だんだんと大型犬が少なくなってしまった多摩川。
寂しくなったと思います。
by: とっと * 2013/07/27 23:14 * URL [ 編集 ] | page top
----

悲しい事ですが必ずその時はきますもんね。
それまでに、いっぱい愛情注いで
思いでも作って
ワンちゃんも幸せだったんじゃないでしょうか。
きっと天国で見守ってくれますよ。
by: りっぷ * 2013/07/28 21:10 * URL [ 編集 ] | page top
----

さきほどルフィロビ母さんから聞きました。
晩年のごんちゃんしか知らなかったけれど
私の知らない頃の若くてダンディなごんちゃんの写真を見て嬉しくて悲しくて寂しくて・・・。

ごんちゃん、リヴィちゃんに挨拶に行ったんですね。
礼儀正しいごんちゃんらしくてほっこりしました。

まりと蘭丸が遊び始めると立ち上がって近づいてきて
「最近の若い者はそんな遊び方じゃまだまだじゃのぅ。ワシの若い頃はもっと激しく遊んだもんじゃ」
とばかりにいつもそばで見守ってくれていました。
その優しいまなざしにまりや蘭丸はもちろん、他のワンコたち、飼い主たちみんなごんちゃんのことが大好きでしたね。

明日ルフィロビ母さんたちとお悔やみに行ってきます。
by: まり母 * 2013/07/29 02:59 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

りっぷさん、こんばんは!

愛おしいほど、別れが辛くなる。
でも、その犬の最後を看取ることも
飼い主の責任ですね。
リヴィーにも、より一層愛情注ぎます!
by: とっと * 2013/07/29 22:53 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

まり母さん、こんばんは。

ごんちゃんの仕草や行動が、愛らしくて可愛くて、
ホントに多摩川の人気者でしたね。

まり母さんは『虹の橋』という詩をご存じですか?
この詩のように、飼い主が生涯を終えたとき、
愛犬に再会できると思うと、その時が少し楽しみになったりします。
by: とっと * 2013/07/29 23:04 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tantan0213.blog.fc2.com/tb.php/340-703e0c00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |