胸がギュっとした出来事
2016 / 02 / 17 ( Wed )
今夜、ペンション通りを運転していた時の事。
前方に6頭ほどの鹿の群れが、舗装道路の真ん中で止まっていました。

「シカだ!」と減速しましたが、まったく動く気配がありません。
ライトをパッシングしても動かず、後方と私のほうを交互に見ています。
短くクラクションを「プップッ」・・・動きません。
「早くどいてよ~」

しばらくすると、1頭の鹿が遅れて道路に出てきました。
「このシカを待っていたのか」と思った瞬間、その鹿の足が不自由なことに気づきました。
左後ろ足が短く、蹄が無いようです。
おそらく、捕獲用の罠にかかってしまった後、どうにか逃げてきたのでしょう。
負傷したばかりではないようですが、一所懸命歩いています。
足が不自由な鹿が群れに合流すると、
みんな揃って道路を横断し、闇に消えて行きました。

天敵のいない鹿は、温暖化に伴い数が増えています。
増えすぎた鹿は、山や畑を荒らすとの理由から駆除が行われています。
実際に撃たれたシカや、罠にかかったところは見たことありません。
手負いの鹿を見たのは、今夜初めてです。

庭を荒らされたりすると「シカめ~(-_-;)」と、敵のように思ったこともありますが、
なんだか胸がギュっとする帰り道でした。。。
22 : 32 : 09 | 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<今夜は大雨 | ホーム | 雪は消えました>>
コメント
--鹿--

消えがてのうた のaostaさんのお庭に足を負傷したソロと名付けられた鹿がいたのですが、最近こなくなっています。ひょっとしたらその仔かもしれませんね。
鹿も賢くなってと云うかもともと賢いのか、最近は禁猟区を選んで出没するようですよ。
by: さえ * 2016/02/18 07:20 * URL [ 編集 ] | page top
----ソロ----

はじめまして。
消えがてのうた aostaの配偶者です。(^_^;)

ソロは、群れと行動しない(できない)ハグレ鹿で、我が家の庭に2年ちょっと前に現れました。きっと母親が亡くなるなどして、一人ぼっちになってしまったのでしょう。だからソロと名付けました。

2014年にソロが庭に来た時に、足を負傷しているのに気づきました。ソロは右後ろ足を罠で失いました。

もし右だったらソロかなとも思いましたが、こうした鹿は沢山いるのかも知れません。でも、群れの中で大事にされているようで、胸を撫で下ろしました。(*^_^*)
by: Papalin * 2016/02/18 09:02 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: 鹿--

さえさん、こんばんは!

私が見たのは左足がない子だったので、どうやら違う個体のようです。
シカを見るのは、夕方から夜間が多いけれど、
昼間はどこにいるのでしょう?
野生の動物は厳しい世界で生きていますね。
リヴィーは野生では到底生きていけません(^^;
by: とっと * 2016/02/18 22:59 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: --ソロ----

Papalinさん、こんばんは!

ブログを拝見しました。
私が見たのは、左足が負傷していたので別の個体のようです。
罠から逃げて生き延びている鹿も多いのですね。

足の不自由な鹿を群れで守っている感じでした。
ソロもどこかの群れに仲間入りして暮らしているかもしれませんね。






by: とっと * 2016/02/18 23:25 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tantan0213.blog.fc2.com/tb.php/749-07cc3d6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |